WBS放送
つかえるね。和歌山放送
人気番組 番組一覧 パーソナリティ リクエスト・メッセージ 最新情報 イベント情報 WEBラジオ ラジオCMについて お問合せ
 HOME > 和歌山県3局合同キャンペーン「紀南へ行こう!!」  


昨年9月の紀伊半島水害から半年。
復興の歩みを進める紀南地方を応援しようと、和歌山県の3つの放送局がタッグを組んで「紀南へ行こう!」キャンペーンを始めました。 第一弾として、4月2日(月)より各局のアナウンサーが出演するキャンペーンスポットの放送が、テレビ和歌山・和歌山放送・NHK和歌山放送局の3局で同時スタートします。


水害から半年が過ぎた紀南地方。 被害を受けた地域ではそれぞれに復興が進んでいるものの、紀南地方の本来の姿にはまだまだ長い時間と人々の支援が必要です。 一方で和歌山県に住んでいながら、この水害の記憶がややもすれば薄れかけていることも否めないのではないでしょうか。 観光旅行もよし、ボランティアと温泉で疲れをいやすもよし、復興に立ち向かう人たちの話し相手になるもよし。 私たちは、和歌山県民が「紀南」に思いをはせ、紀南を訪れることが一番の支援になると考え、3局がタッグを組んでこのキャンペーンを始めることとしました。

キャンペーンスポット出演者

和歌山放送 寺門秀介【てらかど・しゅうすけ】 (防災担当)

東京都足立区出身。田辺支局時代、弁慶祭で第18代弁慶を務める。
去年9月の大水害以来、定期的に紀南を取材し「紀南応援番組」を放送。
4月からは「和歌山ライブ夕方わくわく」月〜木のキャスターを担当。

テレビ和歌山  上枝俊也 【かみえだ・としや】

新宮市出身(新宮高校卒業)平成7年入社。
WTVニュース、スポーツ実況他、スポーツ関連の企画コーナーなど担当。
ことし4月から田辺支局勤務となり、自身の出身地である紀南地方の取材に積極的に取り組んでいる。

NHK和歌山放送局  山崎ひな子 【やまざき・ひなこ】

埼玉県入間市出身。去年4月からNHK和歌山夕方のニュース「あすのWA!」キャスターを担当。大学時代は福祉を専攻し、東北の山で「間伐ボランティア」に取り組み、またNPOを広報するためのNPO団体を立ち上げ、自ら代表を務めるなど、社会活動に大きな関心を持っている。







■「紀南へ行こう!」カード申し込み

 このカードは、観光に、復興のお手伝いに、紀南地方を訪ねようという思いを共有していただくためのカードです。紀南のみなさんにも持っていただき、出会った時に提示して、交流のきっかけとしていただければ幸せです。
「紀南へ行こう!」のページには、これから、紀南地方のボランティア情報、イベント・観光情報を随時掲載してまいります。紀南訪問の際の参考にしてください。
 あわせて、紀南を訪れたときの思い出をメッセージとしてお寄せください。また、各放送局の投稿フォームを通して、ボランティア情報や、イベント・観光情報をお寄せください。お待ちしております。



イメージソング
作詞・作曲 古家学さん(白浜町出身・在住のミュージシャン) 「明日の笑顔」(あしたのえがお)2012年、元日放送のテレビ和歌山コミュニティスペシャル2012の中で発表した紀南復興応援ソングを、今回のイメージソングとして提供していただきました。
題字 「紀南へ行こう」の題字
書道家 田中太山(たなかたいさん)さん(太地町出身)に書いていただきました。


 
[PR広告]
ゲンキ和歌山市
フォルテワジマ
放送大学
建てようネット和歌山
黒潮市場
県民共済
MISAWA
太田屋式場
第6回全国ベースボールトーナメント
中和印刷紙器株式会社
住まいる川柳
J-HITS COUNTDOWN

EditRegion5

[PR広告]
ふじと台
花の湯
福豊梅
まいぷれ
JTB和歌山支店
あい向
佳園自動車
株式会社貴志
紀州レンジャー
児玉病院
田中太山
マエセキ工業
和歌山マリーナシティ
丸濱
まつや県庁前
JOY味村
熊野で健康.com
瀧川建築デザイン事務所
山東メガネ店
SAVEUR
勝僖梅



● 会社概要  
株式会社 和歌山放送
組織概要
採用情報
審議会
反社会的勢力への基本方針
プライバシーポリシー
● 関連会社
株式会社 和歌山放送事業センター
(関連施設)
和歌山放送カルチャーセンター
本校(和歌山放送・本社内)
パームシティ校
WBS和歌山放送
和歌山・串本1431kHz 田辺〜すさみ1233kHz橋本・高野山1485kHz 新 宮 ・ 御 坊1557kHz
Copyright c 2012, Wakayama Broadcasting System Co.,Ltd. All Rights Reserved.