ヘッドホン女子47、和歌山からは「Zagada」(写真付き)

2012年12月01日 15時06分 ニュース, 社会, 経済

和歌山のご当地アイドルグループ「Zagada(ザガダ)」が、ソニーの新製品ヘッドホンのプロモーションキャンペーンに和歌山県代表として出場し、ダンス映像がインターネットで公開されています。

ビデオ撮影風景(Zagada事務局撮影)

ビデオ撮影風景(Zagada事務局撮影)

これは、ソニーが、新製品ヘッドホンのプロモーションキャンペーンとしてスタートさせた「ヘッドホン女子47」で、全国47都道府県からそれぞれ1組ずつ、出身の女子が、地域の話題を盛り込んで、指定の楽曲、振り付けでダンスを披露、その映像はインターネットの動画共有サイトYouTube(ユー・チューブ)で公開され、特設サイトでは出演者のプロフィールやエピソードを見ることができます。
「Zagada」のメンバー5人は、そろいの衣装で登場し、みかんを手に、和歌山城天守閣をバックに、キャンペーン商品のヘッドホンつけて、ダンスを披露しています。
「Zagada」は14才から18才の県内出身の5人の女子がメンバーで和歌山のご当地アイドルでとして、県内各地のイベントに参加するなど「ご当地」にこだわった活動を続けていて、今回のビデオ出演に関しても「閲覧者が増えることで和歌山の元気を全国に発信できれば」と話しています。