「炬火きいちゃん」ぬいぐるみ・26日発売(写真付き)

2013年01月22日 11時36分 ニュース, 政治, 社会, 経済

2015年に和歌山県で開催される「紀の国わかやま国体」と「紀の国わかやま大会」のマスコットキャラクター「きいちゃん」が、たいまつを持ったタイプのぬいぐるみ「炬火(きょか)きいちゃん」が、今月(1月)26日から県内の量販店やスーパーなどで発売されます。

 26日発売の「炬火きいちゃん」ぬいぐるみ(和歌山県提供)

これは、国体の実行委員会が、国体の運営費用に充てようと販売するオリジナルグッズです。

発売される「炬火きいちゃん」ぬいぐるみは、大きさが縦23センチ、横19センチあり、国体マスコットのきいちゃんが右手にたいまつを持って直立するポーズをとっています。

価格は1個税込み2800円で、今月26日から国体オフィシャルスポンサーの量販店「エバグリーン」の県内全店19店舗のほか、同じくオフィシャルスポンサーのスーパー「オークワ」の県内主要店14店舗、それに、和歌山市の和歌山ビッグ愛と和歌山ビッグホエールで販売されます。

ぬいぐるみの売上げの全額が募金となり、紀の国わかやま国体と紀の国わかやま大会の運営費用として活用されます。

なお、実行委員会では、ぬいぐるみ以外にも、すでにピンバッチやシャツ、シールなど沢山の国体オリジナルグッズを販売していますが、去年(2012年)3月から販売している募金付き「きいちゃんピンバッチ」は販売店舗がおよそ150店舗に拡大し、これまでにおよそ2万7千個を販売しています。

実行委員会では、これからもグッズの販売を通じて国体への募金の協力を広く呼びかけるとともに、協力する店舗も募集しています。