串本海中公園の白いウミガメ「カプルン」死ぬ

2013年11月30日 18時34分 ニュース, 社会, 経済

串本町の海洋レジャー施設「串本海中公園」で飼育されていた白いウミガメ「カプルン」が、今月16日に死んだことが分かりました。これは串本海中公園がこのほど明らかにしたものです。
海中公園によりますと、およそ26年前に兵庫県姫路市で生まれた「カプルン」は、およそ5年前から串本海中公園のウミガメパークで飼育され、世界で2匹だけの珍しい白いウミガメとして来場者の人気を集めていました。
串本海中公園では「『カプルン』と同時に生まれたもう1匹の白いウミガメが去年死んでいて、そのカメに導かれるように天国に旅立っていったのかもしれませんね」と話しています。