古座川町・道の駅「虫喰岩」があらたに登録

2014年04月04日 18時29分 ニュース, 交通, 政治, 社会, 経済

国土交通省は、きょう(4日)、古座川町(こざがわちょう)の道の駅「虫喰岩(むしくいいわ)」を含む全国16の道の駅を新たに登録しました。

道の駅「虫喰岩」は、古座川町池野山(いけのやま)の県道・田原古座線(たはら・こざせん)にあり、おととい(2日)オープンし、きょう、道の駅に指定されました。

大型車1台、小型車32台、障害者用1台のあわせて34台が停められる駐車場と、地元の農産品や卵、竹炭などを販売する建物があり、トイレは障害者用も含めて10器が整備されています。

近くには国の天然記念物に指定されている「虫喰岩」があり、散策に便利なほか、この秋ごろまでに、駐車場に隣接する敷地にグラウンドゴルフ場もオープンする予定で、休憩だけでなく、スポーツでの交流もはかれる場所となっています。

古座川町内には、すでに道の駅「一枚岩(いちまいいわ)」と「滝ノ拝(たきのはい)」がオープンしていて、これで3か所目となります。

国土交通省・近畿地方整備局や古座川町では「地質の観光学習の拠点にしたい」と話しています。

これで、和歌山県内の道の駅は27か所となりました。