和歌山市加太の海岸で身元不明遺体

2014年09月11日 19時12分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

きょう(11日)午前、和歌山市の海岸で男性の遺体が見つかり、和歌山北警察署が身元を調べています。

きょう午前9時半ごろ、和歌山市加太の深山(みやま)湾の海岸で、年齢40歳から60歳くらいの男性の遺体が波打ち際からおよそ1メートルのところでうつぶせの状態で横たわっているのを釣りから帰る途中の橋本市の33歳の男性が見つけ、110番通報しました。

男性は身長およそ176センチで、頭髪は薄く、灰色の長そでTシャツに紺色のジーパン、青色の靴下を履いており、紺色のジーパンに通しているベルトには網が結ばれていて、網の中にはペットボトル入りの飲料水とナイロン袋2袋が入っていたということです。

警察によりますと、遺体に目立った外傷はないということで、警察はあさって遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、身元の確認を急いでいます。