常陸宮両殿下が和歌山県ご訪問

2015年09月29日 19時03分 ニュース, 社会

常陸宮(ひたちのみや)殿下と妃殿下の華子(はなこ)さまは、紀の国わかやま国体ご視察のため、きょう(29日)和歌山県に入られました。

両殿下の和歌山県ご訪問は、2009年11月に和歌山市で開催された「社団法人発明協会和歌山県支部 創立60周年記念式典」ご出席以来、6年ぶりになります。

常陸宮両殿下は、きょう午前、関西国際空港に到着され、午後には橋本市でバレーボール競技を、紀の川市でハンドボール競技をご覧になったあと、和歌山市のホテルアバローム紀の国で、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事から県勢の概要について説明を受けられました。

あす(30日)は、和歌山市でテニス競技をご覧になるほか、和歌山県立博物館と県立近代美術館をご視察されたあと、東京にお戻りになる予定です。