和歌山市在住のモデル本谷紗己さんが和歌山市の観光発信人に(写真付)

2016年01月18日 18時40分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市の観光発信人に、和歌山市在住のモデル・本谷紗己(ほんたに・さき)さんが選ばれ、きょう(18日)、委嘱式が行われました。

委嘱状と名刺を手にする本谷さん(1月18日 和歌山市役所で)

委嘱状と名刺を手にする本谷さん(1月18日 和歌山市役所で)

本谷さんは和歌山市在住のモデルで、ファッション雑誌「Scawaii(えすかわいい)!」の専属モデルとして2013年にデビューし、おととしには
「MISS東京ガールズコレクション」で準グランプリに選ばれました。

また、モデルとしては珍しく現在も和歌山に住みながら、仕事のたびに東京や大阪へ通っているということです。

きょう、和歌山市役所の市長室で行われた委嘱式で、和歌山市の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長から本谷さんに委嘱状と観光発信人の名刺が手渡されました。

この中で尾花市長は「ことしは紀州藩主・徳川吉宗(とくがわ・よしむね)が8代将軍に就任してちょうど300年の節目の年なので、和歌山市の文化、歴史を発信してもらえればと思います。」と述べました。

また、委嘱式のあと、本谷さんは「インスタグラムを見ている人は多いので、和歌山にもお洒落なところがあるというのを発信していきたいです。」と話していました。