和歌山信漁連と兵庫漁信連が合併の仮調印

2016年04月06日 18時45分 ニュース

県内の漁業関係者向けの金融機関の和歌山県信用漁業協同組合連合会と兵庫県漁業協同組合連合会が対等合併することになり、きょう(6日)大阪で仮調印式が行われました。和歌山信漁連は、兵庫信漁連との間で2013年12月から統合に向け本格的な協議会や理事レベルの委員会などを開催して、協議を進めていました。このほど対等での合併に両者が合意しました。統合基本計画書に沿って今年6月の通常総会で最終的に決定され来年4月からの発足を目指していますが、きょう(6日)両者間で仮調印式を行いました。この合併により預金高1117億円、貸出金残高278億円、出資金27億円の信漁連が誕生することになります。新しい信漁連の本部は兵庫県明石市に置くことになっていて、名前は「なぎさ信用漁業協同組合連合会」とすることになっています。