和歌山市職員が酒気帯びで検挙・報告遅れも停職3か月(写真付)

2016年07月08日 20時42分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

ことし(2016年)3月、和歌山市職員の54歳の男性が、自宅近くで酒気帯び運転で検挙され、免許取り消しと罰金30万円の処分を受けたとして、和歌山市は、きょう(8日)付けで、この職員を停職3か月の懲戒処分にしました。   >[記事全文]