【高校野球】 紀北農芸が紀北勢対決を制する 3年ぶりの初戦突破

2016年07月13日 19時28分 ニュース

大会1日目第2試合、粉河と紀北農芸の紀北勢同士の対戦は、6対1で紀北農芸が勝って3年ぶりの初戦突破を果たしました。

1対1の同点で迎えた7回、紀北農芸は先頭バッターの8番・伊都が、レフト前ヒットで出塁すると、粉河の守備の乱れや四球で、満塁のチャンスを迎え、4番・下絵図(しもえず)が、粉河の先発・小﨑(こざき)からレフトスタンドに大会第一号となる満塁ホームランを放ち、一気に4点勝ち越しました。その後も8回に相手のエラーで1点追加し、粉河を突き放しました。

一方、追いかける立場となった粉河は、7回以降なかなかランナーを出すことができず、結局6対1で紀北農芸が粉河をくだし、2回戦に進出しました。

勝った紀北農芸は、大会6日目第二試合で貴志川と対戦します。