【高校野球】 日高中津がサヨナラHRで本校・分校対決を制する

2016年07月16日 13時03分 スポーツ, ニュース

大会4日目第1試合、日高対日高中津の本校分校対決は、シード校の日高中津が延長10回、サヨナラホームランで日高に7対4で勝って3回戦に進みました。

日高中津は1点を追う4回、日高のエース西山(にしやま)を攻め、3ベースヒットで出塁した4番中小野(なかこの)がワイルドピッチで生還し同点、さらに2アウト2塁から、8番菅野(すがの)がセンターオーバーのタイムリー2ベースで逆転に成功しました。

これに対して日高は、日高中津のエース原(はら)から5回に2点を奪って逆転し、7回にも追加点を上げて4対2とリードを広げます。

しかし日高中津は7回、2番田嵜(たさき)が大会6号ソロホームランで1点差、9回にも同じく田嵜のタイムリーで4対4の同点に追いつき、試合は延長戦に突入しました。そして延長10回、日高中津はエラーとデッドボールのランナーを置いて、8番菅野(すがの)が劇的なサヨナラ3ランホームランを放ち、結局シード校の日高中津が日高に7対4で勝って3回戦に進みました。

勝った日高中津は大会8日目第2試合で海南と対戦します。