【高校野球】エース対決 紀北農芸が貴志川に競り勝つ

2016年07月18日 22時44分 スポーツ, ニュース

第2試合の貴志川対紀北農芸は、エース同士の投げあいとなり、延長10回3対2で、紀北農芸が貴志川に競り勝ち、3回戦進出を決めました。

貴志川は中山、紀北農芸は山名の両エースが先発して始まったこの試合、紀北農芸が、2回にフォアボールの押し出し、続く3回には、下絵図(しもえず)が今大会2本目となるソロホームランをレフトに放ち、2点リードしました。

一方、貴志川も、4回、1番・小池のヒットをきっかけに、5番・小畑(おばた)がセンター前へ2点タイムリーを打ち、同点に追いつきました。

その後、両チームともにエースが好投を続け、今大会5回目の延長戦にもつれこみました。

そして延長10回、紀北農芸は、フォアボールとヒットでノーアウト1塁・2塁と、勝ち越しのチャンスを作ると、6番・磯田の打席で悪送球があり、1点追加し、3対2と勝ちこし、紀北農芸が貴志川に競り勝って3回戦進出を決めました。

勝った紀北農芸は、大会9日目no

第1試合で和高専と対戦します。