年末年始の県内 交通事故死ゼロ 件数・負傷者も全国最低

2017年01月06日 20時25分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通


去年(2016年)からことし(2017年)にかけての年末年始に、和歌山県内で発生した交通事故による死者はゼロで、事故の件数と負傷者の数も全国で最も少なかったことがわかりました。

警察庁がまとめた速報値によりますと、先月(12月)29日から今月(1月)3日にかけての6日間で県内での交通事故による死者はゼロでした。また、県内で発生した交通事故の件数は前の年の半数以下となる7件、交通事故でけがをした人の数も4人減って12人となり交通事故の件数と死者、負傷者の数はいずれも47都道府県で最も少なくなりました。

ところで、全国の年末年始の交通事故による死者は72人で、前の年より8人増えた一方、負傷者は7323人で、235人減りました。事故の件数は前の年より219件減って5604件で、飲酒運転による事故は44件と半数以下になりました。