熊楠生誕150年記念で10日からフレーム切手販売

2017年01月08日 17時20分 ニュース, 社会, 経済

博物学者や民俗学者として知られる南方熊楠(みなかた・くまぐす)の生誕150年を記念したオリジナルフレーム切手が、あさって(10日)から、和歌山市や田辺市など県内11市町村の郵便局で販売されます。

これは、日本郵便(にっぽんゆうびん)が「南方熊楠生誕150周年 和歌山が生んだ『知(ち)の巨人』」として販売するもので、熊楠の肖像画や田辺市の熊楠邸などが掲載されたシートに、熊楠が写本した和漢三才図会(わかんさんさいずえ)や南方マンダラ図、また、孫文(そんぶん)が和歌山を訪問した際や昭和天皇に進講した際の記念写真などがデザインされた82円切手10枚がセットになっています。1シート1300円で、日本郵便では1040シートを販売することにしています。

販売されるのは、和歌山市と田辺市、新宮市のほか、西牟婁郡と東牟婁郡の全町村の簡易郵便局を除く、すべての郵便局となっています。また、今月(1月)15日からは、郵便局のネットショップでも購入できるようになります。