和歌山市の住宅街でサル出没 警察が注意呼びかけ

2017年01月11日 19時49分 ニュース, 社会

きょう(1/11)午後、和歌山市和歌浦の住宅街で猿が出没し、和歌山西警察署が、見つけたら近づかず、すぐに警察に通報するよう呼びかけています。

きょう午後2時50分頃、和歌山市和歌浦東1丁目の秋葉山のふもとにある住宅街で、猿が手にみかんを1つ持っているのを地元の小学生が見つけ、交番に駆け込んで警察に知らせました。

ほかに目撃情報は寄せられていないということですが、警察では、餌を求めて民家の周辺へ出没することも予想されるため、地域住民に対し、十分注意するよう呼びかけています。

また、猿を見かけた場合は、絶対に近づいたり追いかけたりせず、すぐに110番通報するよう求めています。