高齢者・障害者福祉施設管理者向けの防災説明会(写真付)

2017年02月09日 19時42分 ニュース, 社会, 防災


高齢者の介護施設や障害者施設などの管理者を対象にした、自然災害への備えについての国土交通省や和歌山県などによる説明会が、きょう(9日)午後、和歌山市の県民文化会館・大ホールで開かれました。

きょうの説明会のもよう(2月9日・和歌山県民文化会館)

これは高齢者や障害者が多く利用する施設の管理者に 最近の自然災害の傾向と対策を学んでもらい、利用者の安全確保に役立てようと開かれたものです。

説明会では、国土交通省・近畿地方整備局の職員が「火災や地震を想定した避難計画を用意している施設は多いが、津波や、洪水、土砂災害に対する計画を作っている施設はまだ少ない」と指摘し、避難計画の早急な策定や見直し、それに避難訓練の実施を求めました。

県・福祉保健部や和歌山地方気象台の職員は、日頃から気象情報や自治体の避難準備情報などをラジオやテレビ、スマートフォンなどから入手し、過去の経験だけにとらわれない臨機応変な対応を求めました。

また県・防災企画課の職員は、高齢者や障害者、乳幼児などを安全な場所に避難させる場合、家庭にいるときは、市長村が、支援者名簿の情報に基づき、具体的な避難場所や避難方法を地域の自主防災組織や民生委員などとともに、個別に計画を作るよう求めたほか、病院や社会福祉施設、学校などにいる場合は、その管理者が避難計画としてまとめるよう求め、地域や施設で普段から避難訓練を行い、それぞれの計画を常に点検するよう呼び掛けました。