高野山ケーブルカーが運転停止 3時間近く閉じ込め

2017年02月16日 19時05分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通


昨夜(2/16)、高野町の南海電鉄・高野山ケーブルで安全装置が作動して運転が停止し、乗客らが3時間近くにわたって車内に閉じ込められた状態になりました。けがをした人はいませんでした。

高野山ケーブルは、南海電鉄の極楽橋駅と高野山駅を結ぶ、長さ800メートルほどのケーブルカーです。

きのう午後7時前、高野山行きと極楽橋行きの車両が、いずれも駅の200メートルほど手前の地点で停止しました。

高野山行きの車両には、乗客乗員あわせて6人、極楽橋行きには乗員1人が乗っていました。

このうち乗客5人は、午後9時半すぎ、消防隊員に付き添われるなどして助け出されました。

乗員2人は、車両の点検などをしていたということです。

極楽橋行きの車両の車体とロープを接続する部分が緩んだことが原因とみられています。