オークワグループの入社式(写真付)

2017年03月31日 20時11分 ニュース, 社会, 経済

スーパーマーケット大手のオークワグループの入社式が、きょう(31日)和歌山市中島(なかじま)のオークワ本社・研修センターで行われました。

新入社員と握手する神吉社長(右)(3月31日・和歌山市中島)

ことし(2017年)の入社式は、日程の関係で、年度末のきょう行われました。

午前11時、オークワの50人とグループ企業5人のあわせて55人の新入社員が大桑堉嗣(おおくわ・いくじ)会長ら幹部社員に拍手で迎えられ、1人ずつ神吉康成(かんき・やすなり)社長と握手を交わしました。

大桑会長

はじめに大桑会長が挨拶し「いずれはオークワの幹部社員を目指して欲しい」と激励しました。

続いて神吉(かんき)社長が「給与はオークワグループで買い物するお客様から頂いていると思って、常に感謝と笑顔の接客を」と訓示しました。

抱負を述べる中山さん

そして、新入社員を代表して和歌山市出身の中山亮(なかやま・りょう)さん23歳が「お客様をはじめとする、私たちに関わるすべての人々を幸せに出来る人材を目指します」と抱負を述べました。

新入社員は、このあとおよそ2か月間の研修を経て、それぞれの部署へ配属されます。