仁坂知事・きょう(19日)からニュージーランド訪問

2017年04月19日 10時57分 スポーツ, ニュース, 政治

和歌山県の仁坂吉伸知事は「ワールドマスターズゲームズ2017オークランド大会」を視察するため、きょう(19日)からニュージーランドを訪問します。

これは、2021年に関西各地で開かれる、30歳以上を対象にした4年に1度の国際的なスポーツ大会「ワールドマスターズゲームズ2021関西」で、和歌山県ではハーフマラソンやバレーボール、セーリングなどの競技が行われることから、競技や来訪者の動線などの確認をはじめ、国際マスターズゲーム協会や国際競技団体などと意見交換を行うことで、和歌山での開催準備に役立てることが目的です。

仁坂知事は関西大会の組織委員会で副会長を務めていて、今回は、会長で兵庫県の井戸敏三(いど・としぞう)知事ら関西広域連合加盟の首長による視察団に加わり、オークランド大会を視察します。

仁坂知事は、きょう午後、成田空港から出国し、20日から23日までオークランドに滞在します。

滞在中は、開会式や県内で開催される競技をはじめ、大会の運営や競技会場の様子を視察するほか、オークランド市のフィル・ゴフ市長や、国際セーリング連盟のジャン・ドーソン副会長と面談します。あわせて、次の関西大会を現地でPRします。帰国は今月23日の予定です。