和歌山県経営者協会・創立70周年記念式典(写真付)

2017年05月16日 22時57分 ニュース, 社会, 経済

和歌山県経営者協会の創立70周年記念式典が、きょう(16日)午後、和歌山市のホテル・グランヴィア和歌山で開かれました。

70周年記念式典のもよう(5月16日・和歌山市友田町)

式辞を述べる竹田会長

式典のはじめに式辞を述べた竹田純久(たけだ・よしひさ)会長は「1947年の創設以来、加盟企業のおかげでここまで来られたことに深く感謝したい。県内企業の積極的な海外展開が本格するなか、協会も今後、後押しできるよう尽力したい」と感謝と抱負を述べました。

続いて、独創性と市場性を兼ね備えた新しいビジネスを展開した企業を表彰する、昨年度の「アントレプレナー大賞」が発表され、かつらぎ町の築野食品工業(つのしょくひんこうぎょう)株式会社の築野富美(つの・ふみ)社長が選ばれ、表彰されました。

築野食品工業は、米油(こめあぶら)や工業油脂などの製造や、近年では米ぬか成分からの医薬品原料や、使用済み油からの製品製造も手がけていて、医療に関する国際シンポジウムを主催するなど、世界的な知名度向上のきっかけを作りました。

受賞あいさつをする築野社長

賞金30万円とトロフィーを贈られた築野社長は「事業を通じて和歌山の産物の魅力を信じて国内外に発信し続けてきました。受賞に恥じぬよう今後も努力します」と喜びを語りました。

また、地域経済の発展に努力する女性経営者を讃える「キラリ!輝く女性ビジネス大賞」には、和歌山市の株式会社岡会計センターの岡京子(おか・きょうこ)代表取締役が選ばれたほか、今年度(2017年度)から設けられた、積極的な国際化に取り組む企業に贈られる「和歌山グローバルアワード」の大賞に、和歌山市の太洋工業(たいようこうぎょう)株式会社の細江美則(ほそえ・よしのり)社長、奨励賞には海南市の中野BC株式会社の中野幸治(なかの・こうじ)社長がそれぞれ選ばれました。

さらに、創立70周年を記念して、長年にわたって協会の重職を務めた田辺市の中田食品(なかたしょくひん)株式会社の中田肇(なかた・はじむ)会長と、かつらぎ町の紀州食品株式会社の武井建登(たけい・たけと)前会長に、特別功労者表彰が贈られました。