「わかやまECシンポジウム」7月6日開催

2017年06月12日 18時51分 ニュース, 政治, 社会, 経済

インターネットを通じて商品やサービスを売買する「eコマース」について専門家が講演する「わかやまECシンポジウム」が、来月(7月)6日、和歌山市で開かれます。

これは、県内の商業販売額が減少する一方で、インターネット通販などのeコマース市場の規模が拡大するなか、市場への参入を考える県内の事業者に向けて、和歌山県とわかやま産業振興財団が主催して開くものです。

シンポジウムは、来月6日の午後1時半から、和歌山市のホテル・グランヴィア和歌山で開かれ、はじめに、企業のeコマースのアドバイザーや、「ベルメゾン」で知られる株式会社千趣会(せんしゅかい)の社外取締役などを務める、有限会社スタイルビズ代表取締役の村山(むらやま)らむねさんが「地方が輝くeコマース 成功例からひもとく成功の秘訣」をテーマに基調講演します。

続いて、すでにeコマース市場に参入している県内の経営者らによるパネルディスカッションや、全国のネットショップのコンサルティングを手がける株式会社サイバーアシスト社長・吉村正裕(よしむら・まさひろ)さんによる講演も行われます。そのあとの交流会では、登壇者との名刺交換なども可能です。

参加は無料で、定員は先着300人、交流会への参加には4千円が必要です。専用のウェブサイトから直接申し込むか、県の商工振興課にメールかFAXで申し込みます。締切は今月(6月)30日です。

詳しい問い合わせ先は、県・商工振興課・電話073(441)2742番となっています。