早期の日韓首脳会談を 二階氏、韓国与党幹部と会談(写真付)

2017年06月12日 18時54分 ニュース, 政治, 社会

韓国を訪れている自民党の二階俊博(にかい・としひろ)幹事長はきょう(6/12)、与党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表とソウル市内で会談し、日韓首脳会談の早期実現に期待を示しました。

二階幹事長(左)と秋・代表

会談で、二階幹事長は、「未来志向の日韓関係を築く上で、首脳レベルの緊密な意思疎通が極めて重要だ」と述べ、来月上旬にドイツで開かれるG20=20の国と地域の首脳会合にあわせた日韓首脳会談の実現に期待を表明しました。

一方、チュ代表は、従軍慰安婦問題などを念頭に、「歴史を巡る異なる意見についても、早期に解決しなければいけない」と強調したほか、北朝鮮の核・ミサイル開発に関しては、「北東アジアの平和を維持するため、日韓両国の努力が必要だ」と語りました。

また、この会談に先立って、二階幹事長は、朝鮮戦争などで亡くなった犠牲者を祀る顕忠院(けんちゅういん)を訪問しました。