「和歌山県再就職支援センター」がオープン(写真付)

2017年07月12日 19時53分 ニュース, 政治, 社会, 経済

都会で働く和歌山県出身者や、1度離職した女性や高齢者などに向けたUターン転職や再就職を支援する相談窓口「和歌山県再就職支援センター」が、きょう(12日)和歌山市本町(ほんまち)の「Wajima(わじま)本町ビル」の3階にオープンしました。

オープンした和歌山県再就職支援センター(7月12日・和歌山市本町)

この施設は、今年度(2017年度)から始まった県の新政策「就活サイクルプロジェクト」の拠点で、キャリアコンサルタントらおよそ10人のスタッフが、「ジョブカフェわかやま」などと連携しながら、求人情報や面接指導、セミナー情報の提供などを行います。

初日のきょうは、さっそく高齢者を含む7人ほどが転職や再就職の相談に訪れたほか、人材を求める企業数社からも相談が寄せられたということです。

センターの相談員を務める高幣武嗣(たかへい・たけし)さんは「和歌山に働く場所が無いと思い込んでいる人がまだまだ多いのは、情報が不足しているから。我々の取組みを通じて、和歌山で働きながら安心してセカンドライフや子育てが出来る環境づくりを後押ししたい」と話していて、今後はお盆の帰省シーズンなどをターゲットに積極的なPRや企業への働きかけを行うほか、来年(2018年)2月には、和歌山市と橋本市、田辺市で合同企業説明会を開催する予定です。

子どもが遊べるキッズコーナー

「和歌山県再就職支援センター」は、毎週火曜日と祝祭日、年末年始を除くほぼ毎日開設しています。

利用時間は午前9時半から午後6時までで、無料で利用でき、子どもが遊べるキッズコーナーも整備しています。