日中は猛暑に、和歌山県に高温注意情報

2017年07月16日 09時50分 ニュース, 社会, 防災

きょう(16日)の和歌山県地方は、日中の気温が35度以上になるところがあるとして、和歌山地方気象台が高温注意情報を発表し、熱中症対策など健康管理に注意するよう呼びかけています。

それによりますと、この日の予想最高気温は、和歌山が33度、串本町潮岬が31度で、気温が30度以上となる時間帯は、和歌山が午前10時ごろから午後6時ごろまで、潮岬は午後2時ごろから午後6時ごろまでで、熱中症の危険が特に高まるとしています。

ことし、和歌山県地方に高温注意情報が発表されたのは、今月(7月)13日以来2回目です。
高温注意情報は、最高気温が概ね35度以上になることが予想される時に発表され、体調管理などの注意喚起を行うもので、前日夕方に地方単位、当日に府県単位の情報が発表されます。