ハワイフェス、コスプレ、まつりに花火の日曜日(写真付)

2017年07月16日 13時47分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市内では、ハワイフェスやコスプレ撮影会、また有田川町では、夏まつり、夜は、花火が予定されるなど、各地で暑い日曜日となっています。

ハワイフェスティバルのダンスステージ

ハワイフェスティバルのダンスステージ

和歌山市毛見(けみ)の和歌山マリーナシティでは、きょう(16日)、恒例のハワイフェスティバルが開かれ、会場では、南国ムードにあふれています。午前10時半から、黒潮市場(くろしおいちば)西側の特設ステージでフラダンスのショーが行われ、和歌山や関西各地から総勢260人のダンサーが華麗な躍りを披露しています。また、今回初めてイコラストリート南側にウクレレステージも設けられ、県内外からウクレレ愛好家が集まり、やわらかい音色を響かせています。夏の暑さも加わって、会場は南国リゾート気分につつまれています。

また、和歌山マリーナシティでは、こんや8時から、恒例の音楽と花火のファンタジックショー「スターライトイリュージョン」が行われます。

和歌山市片岡町(かたおかちょう)の刺田比古神社(さすたひこじんじゃ)・岡の宮では、夏まつりが行われています。まつりでは、関西地区のアイドルやDJのライブイベントのほか、和歌山城内でのコスプレ撮影会も開かれ、盛り上がっています。

一方、有田川町の金屋(かなや)大橋では、この日午後6時から「かなや納涼おしゃるきまつり2017」が開かれます。「おしゃるき」「おしゃるく」とは、有田地方の方言で「さわぐ」などの意味です。会場では、地元ダンスグループによるダンスやお笑いショー、太鼓などの演奏や演技、また、よさこい踊りや創作花火、打ち上げ花火などが行われることになっています。