和歌山大学でオープンキャンパス、高校生ら熱心に(写真付)

2017年07月16日 16時11分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市栄谷(さかえだに)の和歌山大学で、きょう(16日)、オープンキャンパスが開かれ、入学志望の高校生やその保護者ら多くの人で賑わいました。

にぎわうキャンパス(和歌山大学)

にぎわうキャンパス(和歌山大学)

ことし(2017年)の和大のオープンキャンパスは、普段の大学生活をありのまま体験してもらおうと、「君(きみ)も一日(いちにち)大学生!」をテーマに午前10時から始まりました。

浴衣ファッションショー(和歌山大学)

浴衣ファッションショー(和歌山大学)

キャンパスでは、教育、経済、システム工学、それに、観光の各学部ごとに、趣向を凝らした模擬講義や進学相談、学生による「よさこい」や「学生浴衣ファッションショー」などが行われました。また、学部共通プログラムでは、「教養の森」天野雅郎(あまの・まさお)教授による「『大学生』になるための方法、教えます」や硬式野球部を全国ベスト8に導いた大原弘(おおはら・ひろし)監督による「和大生だからできた『考える野球』での全国8強!」といった特別講座が開かれ、訪れた高校生らは熱心に聞き入っていました。

大学のマスコットキャラクター「わだにゃん」撮影会(和歌山大学)

大学のマスコットキャラクター「わだにゃん」撮影会(和歌山大学)

大阪から両親と一緒に来た大阪市立南(みなみ)高校3年の女子生徒は、「将来は小学校の先生になりたいので教育学部を志望しています。和歌山大学はキャンパスが広くて、楽しそうな印象で、きょうは実際にキャンパスを体験して、学部説明を聞いて、ますます行きたくなりました」と話していました。