より良い結婚支援のあり方講座・羽林由鶴さんの講義(写真付)

2017年08月04日 19時09分 ニュース, 政治, 社会

結婚を希望する社員や職員などを応援する和歌山県内の企業や団体、自治体を対象にした和歌山県主催のセミナーが、きょう(4日)午後、和歌山市手平(てびら)の和歌山ビッグ愛で開かれました。

きょうの講座のもよう(8月4日・和歌山ビッグ愛)

このセミナーは、昨年度に続いて企画され、講師の恋愛カウンセラー・羽林由鶴(はねはやし・ゆず)さんが、「より良い結婚支援のあり方」を参加者に説明しました。

きょうの講座では、羽林さんの指導のもとワークショップが行われ、世代や性別の異なる参加者が数人ごとのグループに分かれて、ひとりずつ短い時間内で自分の趣味について自由に話し、聞き役のほかの参加者も話している人の意見をさえぎったり否定したりせずに、相づちや笑顔を交えて聴き入る訓練をしました。

講師の羽林由鶴さん

羽林さんは「皆さんのいる組織の中で、まずは世代や性別を問わず自由に話せる環境づくりが大切です。未婚同士の人を引き合わせたいと思うあまり、無理矢理となり同士に座らせたりしてはだめ。普段のコミュニケーションの円滑さが、結婚支援や組織の運営にも幅広く役立ちます」と話していました。

県・子ども未来課では、今年度はあと2回このセミナーを開く予定で、時期が決まり次第、公表する予定です。