秋の県2次予選出場4校決まる、高校野球新人戦

2017年09月03日 20時27分 スポーツ, ニュース, 高校野球

県高校野球・新人戦は、きょう(3日)、和歌山市の紀三井寺公園野球場で、準々決勝4試合が行われ、秋の近畿高校野球・県2次予選に出場する4校が決まりました。

箕島 対 初芝橋本は、3対2で箕島、智弁和歌山 対 那賀は、17対3の6回コールドで智辯和歌山、高野山 対 和歌山東は、延長10回7対6で和歌山東、星林 対 和歌山商業は、5対4で星林が、それぞれ勝ち、ベスト4が出そろいました。

新人戦の準決勝、箕島 対 智辯和歌山と、和歌山東 対 星林は、今月(9月)9日に、また、決勝は翌10日に、いずれも田辺市の田辺スポーツパーク野球場で行われます。

ところで、この日決まった新人戦の上位4校は、続いて行われる近畿高校野球・県1次予選を免除され、県2次予選への進出が決まりました。