LED関西「セミナー&交流会in和歌山」参加者募集

2017年09月13日 18時44分 ニュース, 政治, 経済

起業に関心のある和歌山県内の女性に向けたセミナーと交流会が、来月(10月)和歌山市で開かれることになり、参加者を募集しています。

これは、近畿経済産業局が中心となって展開している「関西女性起業家応援プロジェクト・LED(レッド)関西」の一環として、近畿経済産業局と和歌山県、和歌山商工会議所、それに日本(にっぽん)政策金融公庫が連携して開かれる催しです。

セミナーは来月19日の午後2時から、和歌山市十二番丁(じゅうにばんちょう)のリヴァージュ十二番丁ビルにある、シェアオフィス「ルイーダ」で開かれ、はじめに、和歌山市のワインショップ「ビアンコ・ロッソ」を運営する株式会社仙石(せんごく)の取締役・仙石恭子(せんごく・きょうこ)さんと、和歌山で初めてコーチングスクールを開いた一般社団法人「コーチング・ラボ」代表理事の石本(いしもと)ゆりさんが「女性が起業するということ」をテーマに講演します。

このほかグループワークに続き、株式会社ルカコ代表取締役の仙田忍(せんだ・しのぶ)さんらを迎えての パネルディスカッションも行われ、先輩経営者の創業体験談などが聞けます。このあと、交流会も行われます。

参加は無料で、和歌山県内での起業に関心のある女性を中心に先着順で40人を募集しています。

申し込みと問い合わせはLED関西のウェブサイトに掲載されています。