【衆院選】期日前投票はじまる(写真付)

2017年10月11日 21時25分 ニュース, 政治, 社会

仕事や旅行で22日の投票日に投票できない有権者を対象にした、衆議院選挙の期日前投票がきょう(11日)から始まりました。

和歌山県内では54か所に投票所が設けられ、今朝から期日前投票を受け付けています。このうち、和歌山市の和歌山商工会議所1階に設けられた投票所では、早速、有権者が訪れ、係員の指示に従い、簡単な手続きを経て投票箱に一票を投じていました。

投票日は病院の検査があり期日前投票に来た70歳の男性は「年金生活なので、庶民のことを考えてくれる候補者に入れました」と話していました。教員免許の取得を目指している36歳の女性は「一度も投票に行ったことのない彼氏を引っ張ってきました。少子化や動物の殺処分の問題が解決されてほしい」と話していました。

県・選挙管理委員会によりますと、前回2014年の衆議院総選挙の小選挙区の投票では、投票数のうちおよそ27%の11万5000人あまりが期日前投票を利用したということです。

期日前投票は、きょうから今月21日まで、県内54の投票所で、一部を除いて午前8時半から午後8時まで受け付けています。