【台風22号】イベントの中止や延期が相次ぐ

2017年10月28日 19時30分 スポーツ, ニュース, 交通, 社会, 防災

台風22号の接近に伴う悪天候のため、週末のイベントなどに中止や延期が相次いでいます。

あす(29日)県庁南別館や消防学校、南紀白浜空港などで予定されていた津波災害対応実践訓練は台風21号の被害と台風22号による天候悪化が予想されるため、中止されました。

JR紀勢線の御坊駅から新宮駅の間の30の駅舎に展開するアートを巡る列車旅「きのくにトレイナート」のうち、あす(29日)予定されていたイベント列車「巡るアート号」の運行は中止となりました。

紀の川市の青洲の里であす(29日)予定されていた「青洲まつり2017」はすべての催しを中止します。紀の川市の近畿大学生物理工学部できょうとあす(29日)開催を予定していた学園祭、「第25回きのくに祭」は2日目は中止となり、メインステージにて開催予定だった屋外ライブも中止となりました。

新宮市の熊野川ドームさつきであす(29日)予定されていた、新宮商工会議所主催の「忠度(ただのり)まつり2017」も中止が決まりました。新宮市社会福祉協議会などが主催するオレンジリボン街頭キャンペーンは延期されました。今後の日程は決まっていないということです。

きのう(27日)から和歌山市で始まった中高年を対象とした陸上競技大会「第38回全日本マスターズ陸上競技選手権大会」は、最終日のあす(29日)について、実施するかどうかは大会ホームページに告知するということです。