第25回トラックの日 和市で交通安全フェスティバル(写真付)

2017年10月29日 18時54分 ニュース, 交通, 社会

和歌山県トラック協会主催の「交通安全フェスティバル」がきょう(10/29)、和歌山市の和歌山ビッグホエールで開かれ、あいにくの雨の中、大勢の親子連れらで賑わいました。

これは、県民に対するトラック運送業界のイメージを高めようと、県トラック協会が、10月9日の「トラックの日」にあわせて毎年10月に開催しているものです。

会場となった和歌山ビッグホエールでは、子どもがトラック運転手になっておもちゃのトラックでお菓子を運ぶ職業体験のコーナーや、トラックのラジコンカーを操縦するコーナーに人気が集まり、親子連れが長い列を作っていました。

トラックで荷物を運ぶ子どもたち

 

また、トラックの形をした遊具の「ふわふわ」や、試乗できるパトカーの前にも、順番待ちの長い列ができていました。

 

出展ブースでは、画面を見ながらハンドルを握り、自動車の運転を体感できるドライブシュミレーターが人気を集めていたほか、ステージでは、地元密着アイドルグループ「Fun×Fam(ファン ファン)」のライヴも行われ、ステージに花を添えました。

ファンファンのステージも