【台風22号】交通への影響(午後6時)

2017年10月29日 18時55分 ニュース, 交通, 防災

台風22号で交通機関にも影響が出ています。JR阪和線は午後2時40分ごろ和泉鳥取駅と和泉砂川駅の間で線路の土台となる盛り土が崩れたため、和歌山と和泉砂川の間で最終電車まで運転を取り止めます。南海本線は現在も不通の区間があることから南海高野線の難波と橋本の間で振り替え輸送を行っています。

またJR紀勢線では、特急くろしおの京都と新宮の間、上下16本を運休したほか、臨時快速「巡るアート号」の運行も取り止めました。また紀勢線の普通列車も紀伊田辺と新宮の間で終日、運転を見合わせています。

和歌山と四国・徳島を結ぶ南海フェリーはきょう(29日)のすべての便と、あす(30日)上下2便まで欠航します。あす(30日)の上下3便以降についてはきょう午後8時30分ごろ判断するということです。

南紀白浜と東京・羽田を結ぶ日本航空は朝の1往復は運航されましたが、その後の便はすべて欠航となりました。