南海電鉄、単線で運転再開へ

2017年10月30日 19時34分 ニュース, 交通, 防災

南海電鉄は、台風21号の影響で線路がゆがんだため、運転を見合わせている一部の区間について安全が確保できた上り線の線路だけの単線で運転を再開することを決めました。いつ再開するかは台風22号の影響を見極めて判断します。

線路がゆがんだのは、大阪府泉南市と阪南市の境を流れる川に架かる橋の下り線で、このため大阪府内の南海本線の一部区間で運転見合わせが続いています。

南海電鉄の運転再開の計画によりますと、安全が確保できた上り線の線路だけを利用し、大阪と和歌山の間の上下線をそれぞれ、およそ30分間隔で運行します。