松源・大試食会「おいしさ実感フェア」ビッグホエールで開催(写真付)

2017年11月01日 19時58分 ニュース, 社会, 経済

和歌山・大阪・奈良で「スーパーマツゲン」を展開する、和歌山市の株式会社松源(まつげん)は、きょう(11月1日)ポイントカードの会員を抽選で招待する大試食会「おいしさ実感フェア」を、和歌山市手平(てびら)の和歌山ビッグホエールで開きました。

きょうのフェアのようす(11月1日・和歌山ビッグホエール)

これは、買い物客に感謝を示そうと、松源が毎年開いているもので、ことし(2017年)は初めて和歌山ビッグホエールで開催されました。

弁当業者のブース

1階アリーナには、松源の取引先となっている県の内外の飲食メーカーや食材の生産者ら100社あまりがブースを開いて、梅干しや食パン、チョコレート菓子、宮崎牛の焼き肉といった試食品を提供し、来場者が行列をつくっていました。

宮崎牛の試食

海南市から参加した主婦は「店舗が自宅に近く、新鮮な品揃えで、いつも買い物をしています。またこのようなフェアに参加したいです」と笑顔で話していました。

梅干し業者のブース

松源企画・サポート室の北野成一(きたの・よしかず)部長は「食の力でみんなを元気にし、食の大切さをみんなに伝えたいという思いです。来年以降も、更に充実させたい」と話していました。

きょうは、ポイントカードの会員のうち、店舗で3千円以上の買い物をした客の中から、抽選で1000組2000人が招待されました。