智辯和歌山、強打で4強進出 近畿高校野球

2017年11月03日 20時27分 スポーツ, ニュース, 高校野球

秋の近畿地区高校野球大会は、きょう(11/3)、大阪市の大阪シティ信用金庫スタジアムで準々決勝4試合が行われ、第1試合で、和歌山1位校の智辯和歌山が奈良3位校の法隆寺国際と対戦し、7回コールド、11対4で勝ちました。


智辯和歌山は、1回に3点を先制されましたが、その裏すぐに2点を返し、2回に同点に追いついた後、4回までに毎回得点で、8点を奪い試合を決めました。その後も得点を重ね7回コールドの11対4で法隆寺国際を下ました。
勝った智辯和歌山は、あす(4日)の準決勝第1試合で京都1位校の乙訓(おとくに)と対戦します。