【台風21号】農林水産被害額は34億円あまりで確定

2017年11月29日 20時15分 ニュース, 政治, 経済, 防災

先月(10月)下旬の台風21号に伴う和歌山県内の農林水産関連の被害額は、今月(11月)10日の3回目の発表からさらに6億7千万円あまり増え、最終的に34億4500万円あまりとなったことが、和歌山県のまとめでわかりました。

内訳は、農作物関連が5億7736万円、畜産関連が1189万6千円、農地・農業用施設が16億7300万円、林業関連が4億6366万6千円、それに水産業関連が7億1972万3千円となり、これらをあわせた最終的な被害総額は、34億4564万5千円に達しました。