和歌山県農林水産業賞の表彰式(写真付)

2017年12月04日 18時54分 ニュース, 政治, 社会

農林水産業の振興や発展に寄与した個人や団体を表彰する、今年度(2017年度)の和歌山県農林水産業賞の表彰式が、きょう(4日)午後、和歌山県庁の正庁(せいちょう)で開かれました。

仁坂知事から賞状を受け取る受賞者(12月4日・和歌山県庁正庁)

今年度は、農業部門で5人、林業部門で4人、水産業部門で3人、それに地域づくり部門で1つの団体が受賞し、きょう午後1時半から開かれた表彰式で、仁坂吉伸知事から賞状と記念の盾が授与されました。

仁坂知事は「皆さんの熱意と尽力に深く敬意を表する。今後も農林水産業の更なる発展のため、一層の力添えをお願いしたい」と式辞を述べました。

謝辞を述べる塩路さん

受賞者を代表して、広川町(ひろがわちょう)森林組合の代表理事副組合長をつとめ、伐採後の再造林やオフセット・クレジットの認証取得など、 中長期的な視野に立った健全な森づくりを実践した塩路信兼(しおじ・しんけん)さん64歳があいさつし「身に余る光栄です。この栄誉を機に県内の農林水産業振興と発展のため、一層の努力を誓います」とお礼を述べました。

受賞者そろっての記念撮影