12月県議会・あす(8日)から一般質問

2017年12月07日 18時53分 ニュース, 政治

台風21号の復旧事業費を中心に、一般会計でおよそ47億7600万円を増額する補正予算案などを審議する12月定例和歌山県議会は、あす(8日)から一般質問が行われます。

初日のあすは、自民党県議団の山田正彦(やまだ・まさひこ)議員、公明党県議団の中拓哉(なか・たくや)議員、自民党県議団の中本浩精(なかもと・こうせい)議員、それに自民党県議団の秋月史成(あきづき・ふみなり)議員の4人の議員が登壇する予定です。

2日目は今月11日・月曜日で、自民党県議団の坂本登(さかもと・のぼる)議員、自民党県議団の岩田弘彦(いわた・ひろひこ)議員、共産党県議団の奥村規子(おくむら・のりこ)議員、改新クラブの片桐章浩(かたぎり・あきひろ)議員の4人、

3日目の12日は、改新クラブの長坂隆司(ながさか・たかし)議員、無所属議員の会の菅原博之(すがはら・ひろゆき)議員、共産党県議団の雑賀光夫(さいか・みつお)議員、自民党県議団の堀龍雄(ほり・たつお)議員の4人、

4日目の13日は、自民党県議団の中西峰雄(なかにし・みねお)議員、自民党県議団の川畑哲哉(かわばた・てつや)議員、自民党県議団の前芝雅嗣(まえしば・まさつぐ)議員、それに自民党県議団の尾崎要二(おざき・ようじ)議員の4人が、それぞれ一般質問を行う予定です。

和歌山放送では、県議会一般質問のもようを、その日の午後9時半から録音ダイジェストでお伝えします。