知人女性のブレーキ損壊か 「頼られたかった」38歳男逮捕

2017年12月07日 18時57分 ニュース, 事件・事故・裁判

好意を抱いていた女性が駐車場に停めていた車のブレーキを壊したとして、御坊警察署はきょう(12/7)、器物損壊の疑いで由良町に住む38歳の男を逮捕しました。

逮捕されたのは、由良町網代(あじろ)の団体職員、川村拓也(かわむら・たくや)容疑者38歳です。

警察の調べによりますと、川村容疑者は、先月16日の午前3時半頃、印南町の駐車場で知り合いの女性が所有する軽乗用車のブレーキホース4本すべてを切断した疑いが持たれています。

同じ日の朝、女性がエンジンをかけたところ、ブレーキがかからず、駐車場のブロック塀に衝突し、修理業者を呼んで調べたところ、タイヤの周辺にある4つのブレーキホースがすべて切断されていたことがわかり、警察に届け出ました。

警察が、現場周辺の防犯カメラの映像などを解析した結果、川村容疑者が浮上し、きょう、器物損壊の疑いで逮捕したものです。

調べに対し、川村容疑者は、容疑を認めた上で、「頼ってもらいたかった」と話しているということです。