カルビーポテトチップス「はちみつ×南高梅味」19日発売(写真付)

2018年02月09日 20時15分 ニュース, 政治, 社会

ポテトチップスなどスナック菓子で有名な東京のカルビー株式会社は、紀州南高梅(きしゅうなんこううめ)のハチミツ漬け梅干しの風味のポテトチップスを開発し、今月(2月)19日から関西2府4県を中心に販売することになりました。

19日に発売されるカルビーポテトチップス「はちみつ×南高梅味」

これは、全国47都道府県それぞれの食材でポテトチップスを開発することで、地域の人々を元気にしようというカルビーの「ラブ・ジャパン」プロジェクトの一環として、去年(2017年)の秋から行われているものです。

今回は、カルビーの社員と和歌山県の若手職員によるワークグループが、中華そばや湯浅醤油、マグロ、ウツボなどの食材からポテトチップスに合うものを検討した結果、田辺・みなべ地域で収穫した紀州南高梅を使ったハチミツ漬け梅干しの味をイメージしたポテトチップスを採用し、商品化しました。

きょう午後、和歌山県庁にカルビ-の伊藤秀二(いとう・しゅうじ)社長兼COOが訪れ、仁坂吉伸知事にチップスの発売をPRしました。

カルビーの伊藤社長兼COO

伊藤社長は「ハチミツの甘さと梅の酸味の絶妙なバランスが特徴です。ぜひチップスを通じて関西の人々に紀州南高梅を知って欲しい」と話しています。

カルビーポテトチップス「はちみつ×南高梅味(なんこうばいあじ)」は、今月19日から関西2府4県のスーパーやコンビニエンスストアなどのほか、全国各地のカルビー直営店で来月(3月)下旬ごろまで販売されます。