那智勝浦町長が再療養 副町長が職務代理

2018年03月08日 19時06分 ニュース, 政治, 社会

那智勝浦町はきょう(3/8)、先月22日に公務に復帰したばかりの森崇(もり・たかし)町長が、再び病気療養することになり、今月いっぱい、副町長を職務代理者として、対応することを明らかにしました。

那智勝浦町によりますと、去年12月の町長選挙で初当選した森町長は、今年1月17日から公務についていましたが、肺がん治療のため、1月24日から入院し、治療にあたっていました。

そして、先月22日に公務に復帰し、副町長と教育長を選任したあと、来年度の当初予算案を発表するなどしましたが、医師から「体調がまだ万全ではなく、さらに療養が必要」と診断されたため、きょうから今月31日まで、矢熊義人(やぐま・よしと)副町長を職務代理者として自宅で療養することになったということです。

このため、あすから始まる那智勝浦町の定例議会は、矢熊副町長が対応します。