和歌山大学で後期日程入試 1000人余りが受験

2018年03月12日 19時28分 ニュース, 社会

和歌山大学できょう(3/12)、後期日程の試験が行われ、1007人が受験しました。

和歌山大学の一般入試・後期日程の受験倍率は、平均で4・1倍でした。このうち、経済学部は80人の募集に対し、566人が受験し、受験倍率は7・1倍と4つの学部の中で最も高く、次いで教育学部が35人の募集に対し、105人が受験し受験倍率は3倍ちょうどでした。また、観光学部が28人の募集枠に対して81人が受検して受験倍率2・9倍、システム工学部は、100人の募集人員に対し255人が受検し、受験倍率は2・6倍でした。

和歌山大学の後期日程の合格発表は、今月21日に行われます。