和歌山県警・春の1次人事異動発表

2018年03月13日 19時55分 ニュース, 事件・事故・裁判

和歌山県警察本部はきょう(13日)、この春の第1次人事異動を内示しました。

第1次の発表で異動するのは、警部以上の警察官と職員をあわせた259人で、去年(2017年)より1人多くなっていますが、異動規模は概ね例年通りとなっています。発令は今月(3月)24日です。

今回の人事では、生活安全部内に「サイバー犯罪対策課」を新設することや、田辺警察署から距離があり、近年外国人観光客が急増している田辺市本宮町を新宮警察署の管轄に移管することを予定しています。また、あおり運転などの悪質な運転者への取締りを強化するほか、2年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて国際テロ対策を強化します。

主な人事では、

◆刑事部長に南惠一(みなみ・けいいち)・和歌山西警察署長、

◆警備部長に坂部義人(さかべ・よしひと)・交通部長、

◆生活安全部長に榎本祥一(えのもと・しょういち)・和歌山東警察署長、

◆交通部長に島泰弘(しま・やすひろ)・交通企画課長が異動します。

また、県内14の警察署のうち、11か所で署長が変わります。

警部補以下の警察官と一般職員の、第2次人事異動の規模は去年より54人多い708人で、今月16日に内示、来月(4月)1日に発令されます。

異動する警察署長は次の通りです。

◇和歌山西警察署長に鉛口恵吾(かなぐち・けいご)・主席監察官、

◇和歌山東警察署長に今津太志(いまづ・ふとし)・刑事企画課長、

◇岩出警察署長に東山一樹(ひがしやま・かずき)・生活安全企画課長、

◇海南警察署長に土井智晴(どい・ともはる)・監察課長、

◇御坊警察署長に大野矢雄(おおの・ちかお)・捜査第一課長、

◇田辺警察署長に楠山隆(くすやま・たかし)・生活環境課長、

◇新宮警察署長に大髙圭司(おおたか・けいじ)・総務課長、

◇橋本警察署長に福永和生(ふくなが・かずお)・鑑識課長、

◇かつらぎ警察署長に出納延計(すいどう・のぶかず)・少年課長、

◇白浜警察署長に丸山芳之(まるやま・よしゆき)・教養課長、

◇串本警察署長に中弥泰典(なかや・やすのり)・運転免許課長となっています。