紀美野町に廃棄物不法投棄 大工の男を逮捕

2018年03月13日 19時44分 ニュース, 事件・事故・裁判

廃棄物を不法に投棄したとして、海南警察署はきょう(3/13)、61歳の大工の男を廃棄物処理法違反の疑いで逮捕しました。

捕まったのは、住所不定で大工の西谷静夫(にしたに・しずお)容疑者61歳です。

警察の調べによりますと、西谷容疑者は、2013年の11月頃から去年11月頃までの4年間に、紀美野町谷の山林に、木くずや廃プラスチック類などの廃棄物あわせておよそ5トンを不法に投棄した疑いが持たれています。

西谷容疑者に対しては、海南保健所が、すぐに不法投棄を確認し、廃棄物を適正に処分するよう指導していましたが、従わないため、警察に被害届を出し、警察が、容疑者の犯行を特定してきょう、逮捕したものです。

調べに対し、西谷容疑者は、容疑を認めているということです。