海南市議会議員選挙告示、定数20に22人立候補

2018年04月15日 17時15分 ニュース, 政治

任期満了に伴う海南市議会議員選挙がきょう(15日)告示され、定数20に対し、現職17人、新人5人のあわせて22人が立候補し、7日間の選挙戦に突入しました。

立候補者の党派別内訳は、共産が4人、公明と維新がそれぞれ2人で、他は、すべて無所属です。
定数は、今回から2つ減って20となっています。

立候補の届け出の受付は、きょう(15日)午前8時半から午後5時まで、海南市役所で行われました。

投票は、今月(4月)22日、午前7時から市内47か所の投票所で、一部を除いて、午後7時まで行われ、午後8時15分から海南市大野中(おおのなか)の海南市総合体育館で即日開票されます。

海南市のきのう(14日)現在の選挙人名簿登録者数は4万4843人です。