女子高生に強制わいせつ容疑 日高川町の男を逮捕

2018年04月18日 18時52分 ニュース, 事件・事故・裁判

田辺市の道路で女子高生を押し倒してわいせつな行為をしたとして、田辺警察署はきょう(4/18)、日高川町に住む40歳の会社員の男を強制わいせつの疑いで逮捕されました。

捕まったのは、日高川町小熊の会社員、古居永己(こい・ひさみ)容疑者40歳です。

警察の調べによりますと、古居容疑者は、3年前の2015年12月7日の午後9時20分頃、田辺市の道路で当時17歳の女子高生を押し倒し、無理矢理キスをしたり、胸をなめたりした強制わいせつの疑いが持たれています。

現場は、街灯などのない真っ暗な場所で、容疑者の人相などはまったくわかっていませんでしたが、事件当時に鑑定した、被害者の胸に付着した唾液のDNAと、今年2月に別の事件で逮捕された古居容疑者のDNAが一致し、逮捕の決め手となりました。

調べに対し、古居容疑者は、「押し倒してキスはしたが、胸を触ったかどうかははっきり覚えていない」と容疑の一部を否認しているということです。