シンポジウム「未来を創る交通インフラ」(写真付)

2018年05月18日 20時03分 ニュース, 交通, 社会

和歌山市と淡路島とを結ぶ紀淡海峡ルートや、大阪と和歌山、徳島を通る四国新幹線などの交通インフラ整備について考えるシンポジウムが、きょう(18日)和歌山市で開かれました。

これは、関西の高速交通インフラの早期整備を国に働きかけようと、和歌山、大阪、兵庫、奈良、徳島の1府4県の知事で構成する「関空・紀淡・四国高速交通インフラ期成協議会」が開いたものです。

きょう午後1時半から和歌山市の県民文化会館で開かれたシンポジウムには、およそ350人が聴講に訪れ、はじめに、内閣官房参与で京都大学大学院工学研究科の藤井聡(ふじい・さとし)教授が「紀淡海峡ルートと四国新幹線の早期実現を」と題して講演しました。

講演する藤井教授

この中で藤井教授は、「経済成長に伸びしろのある和歌山や徳島でのインフラ整備は採算性が高く大きな投資効果が見込める」とした上で、「事業を早期に進めるには、国の予算を大幅に拡大する必要があり、来月(6月)の経済財政諮問会議を前に極めて重要な局面を迎えている」と訴えました。また災害対策の観点から、「首都直下型地震が発生した場合、首都機能を関西に分散しなければならない。南海トラフ巨大地震に向けて和歌山と徳島の交通インフラを整備しておくことが国土強靭化に繋がる」と語りました。

このあと行われたパネルディスカッションでは、和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事がコーディネーターを務める中、徳島県の飯泉嘉門(いいずみ・かもん)知事や堺市の竹山修身(たけやま・おさみ)市長らも登壇し、関西国際空港を中心とした交通網の整備などについて熱い意見が交わされました。