和歌山市役所で「環境パネル展」(写真付)

2018年06月11日 18時54分 ニュース, 政治, 社会

和歌山市は6月の「環境月間」の取り組みの一環として、ことし(2018年)もきょう(11日)から、市役所1階で環境パネル展を開いています。

リリクル(左)のパネルと和田班長(右)(6月11日・和歌山市役所)

「エコドライブ」の紹介

パネル展では、和歌山市が市民に呼びかけている家庭ゴミの分別やリサイクル、車のアクセルの無駄ぶかしを減らすエコドライブ、それに水資源の保全などに関する取り組みが、カラーパネルなどでわかりやすく展示されています。

「雑がみ」収集袋

また、和歌山市のごみ減量推進キャラクター「リリクル」がデザインされた缶バッジや、環境啓発キャラクター「エコぴょん」の啓発マンガなども展示されています。

和歌山市環境政策課の和田珠希(わだ・たまき)班長は「環境問題を考えるきっかけにしてもらい、毎日の生活のなかで環境に優しい工夫を継続して実践してほしい」と話しています。

環境パネル展は、今月(6月)15日まで、和歌山市役所1階・受付案内所のとなりで開かれています。

また13日の午後2時からは、環境に関するクイズや輪投げ遊びで楽しめ、環境啓発グッズももらえる「クイズdeわなげ」が行われます。